言葉の力

自分のパートナーが浮気をしているかもしれない、という不安を感じたことがある方はどれだけいらっしゃるだろうか。
自分たちの関係が良好なものだと思っていても、相手がまったく浮気に移り気をしないとは限らない。
まったくその証拠がなくても、もしかしたら、という疑いの心は常に育ってしまうものだ。
一番理想なのは、女性の側も浮気はされないと安心していて、男性もそれにこたえてくれるような状態だ。
しかし、お互いに相手の心の中までは読めないから、もしかしたら、というような不安が生まれてしまうことになる。
これを防止するために、普段から安心して二人の関係を続けられるよう、関係を良好に保つための言葉を考えてみよう。
まずは、浮気を防止するために役立つような、二人の関係を良好にする言葉を紹介する。
そして次に、不安になるあまり、相手につい言ってしまいがちだけど、それによって浮気の危険性が高まる言葉も紹介する。
こういった言葉を知っておくことで、浮気に対しての不安を解消し、二人で良好な関係を続けられるようになるかと思う。
相手に裏切られてしまうかもしれないという気持ちは、どれだけ信頼をしていたとしても、多少は生まれてきてしまう気持ちだ。
それをうまく抑えながら関係を続けることが理想的なのだが、すべての人がそううまくいくわけではない。
そういった不貞な気持ちが生まれてしまうのは、現在の関係に何かの不満があることが一番の理由だろう。
中には、別の相手とたまには遊びたいと元から移り気な気持ちを持っている人もいるかもしれない。
しかし大半の場合は、今の関係に不満があって、それを別のところで晴らしたいという気持ちから、そういった裏切り行為に走ってしまうことになる。
結果的にその関係がばれてしまったとしたら、お互いに傷ついてしまうことになるのはわかっていても、ついその場の気持ちの高ぶりだけで行動をしてしまうのだ。
お互いに傷ついてしまうということは誰でもわかっているので、その場でとどまることももちろん可能なはずだ。
そういった可能性を高めるためにも、普段からしっかりと言葉でお互いの気持ちを確認しておくことが大切なのだ。
といっても、脅しのように裏切らないで、信頼しているよと伝えすぎてしまうことも考え物だ。
そればかりを言われてしまうとかえって負担が重く感じてしまって、その重圧から逃れるために別の相手を、となってしまうかもしれない。
例えば、普段自分のパートナーに対して、どんな不満を感じているかと聞いてみたことはあるだろうか。
どれだけ仲の良いパートナーだとしても、わざわざ言葉にして相手の不満を聞き出すというようなことは、なかなかないのではないかと思う。
だが、その結果として、誰にも言わない不満が爆発してしまい、別の相手との関係に走ってしまうのだ。
普段から、どんな不満を感じているのか、その不満を解消するために何が必要なのか、と聞いてみてはどうだろうか。
それによって、案外簡単に解決する問題だったり、信頼を裏切られてしまう危険を少なくすることもでいるかもしれない。
相手の態度や行動から読み取ることもできるかもしれないが、一番は言葉にして伝えてもらうということだ。
お互いの気持ちを確認して、信頼しあっていることがわかれば、それを裏切ってでも不貞な関係に踏み切ろうとするような人は少ないのではないだろうか。
逆に、普段から相手を不安にさせて気持ちを離れさせてしまうような、ネガティブな言葉を使ったりはしていないだろうか。
そんな、裏切られてしまう悲しい事件を防ぐための、効果的な言葉と使うべきではない言葉を紹介していく。
もし自分に該当するところがあるのなら、手遅れになる前に浮気2ちゃんねるを参考に見直したほうがいいだろう。

新着情報

◆2015/01/22
言葉の力の情報を更新しました。
◆2015/01/16
ネガティブな言葉を使わないの情報を更新しました。
◆2015/01/16
浮気しないでとは言わないの情報を更新しました。
◆2015/01/16
信頼していると伝えるの情報を更新しました。
◆2015/01/16
相手の不満をくみ取るの情報を更新しました。